トップページ ≫ 紫外線で白髪は増えるのか

紫外線で白髪は増えるのか

白髪ができるメカニズムってみなさんはご存知でしょうか。これについてはまだまだ謎の部分が多いようですね。ですが、それでも年々研究は重ねられてきているようです。その結果、どうやら紫外線による影響も大きいことがわかってきたようです。

 

私たちの肌が見た目にも老化してきているとわかるのは、8割が光老化のためのようです。つまり、それだけ紫外線の影響が大きいということです。それは何も肌だけではありません。髪の毛や頭皮にいたるまで、影響をかなり与えているようです。

 

そして、白髪についても紫外線が頭皮の色素幹細胞DNAを傷つけてしまうことが要因のひとつであるということがわかってきました。必ず決まった箇所にだけ白髪が生えてくるという経験はないでしょうか。これはどうしてか。考えつくのは髪の毛の分け目を常に左側や右側にしているためだったり、右と左の頭皮で紫外線が当たっている量が大きく違っていたりしたことが要因のようです。

 

紫外線をたくさん浴びていた部分に白髪がより増えやすくなってしまうということのようです。私たちの髪の毛は、紫外線を防いでくれるという効果があります。でも、頭皮部分に対しての紫外線を全て防ぐことができるかというと、決してそうではありません。髪の毛は細いですから、その隙間をぬって、頭皮まで届いてしまう紫外線の量は、聞くところによると、顔の2〜6倍ともいわれているのです。

 

こうして大量の紫外線が頭皮に届いてしまうと、頭皮の色素幹細胞DNAは損傷を受けることになります。DNAが損傷を受けた後、それを修復することができないと、色素幹細胞自身が複製するという機能を失ってしまうため、すべて色素細胞へと分化していきます。そうして色素幹細胞は枯渇し、色素を作る細胞がなくなってしまい、最終的に白髪になってしまうようです。

Copyright (C) 2017 浜松の脱毛サロンのおすすめはここ!口コミランキング All Rights Reserved.