トップページ ≫ サムターン回し

サムターン回し

空き巣がドアを開けるときの手口に、サムターン回しという方法があります。一人暮らしで行われる手口にはこの方法で侵入される場合が多く、注意しておく必要があります。

 

サムターン回しとは、鍵のサムターンと呼ばれる部分を回して開錠することです。内側から鍵をかける際に、操作するつまみの部分です。公衆トイレなどでも、つまみを横にすると施錠、縦にすると開錠されるタイプの鍵があります。

 

家の中でもよく使われていますが、外から特殊な器具を入れて横になったつまみを引っ掛けると、簡単にドアの鍵が開いてしまうのです。帰宅して侵入された形跡があった場合の衝撃は、大きいものです。防げる方法はできるだけとって、防犯するようにしてください。

 

防犯対策としては、自分の部屋の鍵のタイプを知ることと、どんな部分から器具を挿入される可能性があるかを知ることです。郵便受けやドアスコープから器具を挿入されて、サムターン回して侵入されてしまうこともよくあります。郵便受けを壊さずに済むタイプもあり、サムターン回しの器具さえあれば簡単に開錠してしまえるのです。

 

ドアスコープから器具を挿入するのは、ドアスコープの破壊から始まります。ドアスコープが破壊されていたら、家に入る前に110番してみたほうがよいでしょう。

 

空き巣犯は、たいがいサムターンまわしの道具を持っています。逆に、サムターンまわしを防犯するグッズも売っていますので、用意して防犯対策しておくのも方法です。

Copyright (C) 2017 浜松の脱毛サロンのおすすめはここ!口コミランキング All Rights Reserved.